こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

どうして地方の塾は講師を選べずに志望大学に合格出来なくなるから子供に合った講師で成績が上がり志望よりも上の大学に合格できるようになったのか?

子供 なりたい 職業 ない
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・子供が塾に行きたがらない
・塾に通っているけど、通う事が目的になっている感じがする
・子どもが塾に通っているけどなかな成績が上がらない
・せっかく有名進学校に入ったのにオンライン授業になり、思うように学力が伸びていかない
・勉強しようとイスに座っても集中出来てないようだ
・志望校に受かるのが今のままだと厳しいどうにか、射程圏内に入って合格したい
・勉強時間はしっかりとっているのに成績が伸びない

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・難関大学を目指しているのに、レベルの低い地元の塾に通っていたら受験に失敗してしまう
・塾を次々と変えることになり、お金ばかりかかってしまう
・出席率、成績が足りず留年になり、現役合格が遠のくかも
・地方に住んでいて見合った塾や教室が近くになら、オンラインで教えてくれるサービスを探すようにする
・受験に必要な情報が入ってこないまま
・子供が大学受験に失敗し、親として心配と不安でひどい言葉をなげてしまう
・勉強の仕方が間違っていることに気づかず、貴重な時間を浪費するかも

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・わからないところを聞けて成績が上がる。
・対面授業に近い形で受けられるため、わからないことも質問して解決していくことができる
・映像授業で反復学習し分からなかったところを克服できた
・地方出身の東大生の方に指導してもらったところ、田舎に住んでいるこちらの状況をすぐ理解してくれた。地方の不利なところややっておくべきことも教えてくれたので良かった。
・勉強時間と模試の偏差値を大幅に改善することができ公立学校でも難関高にチャレンジできるようになる
・親子で楽しい食卓
・講師の変更が可能なので、勉強以外のストレスを取り除くことができる

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・講師が東大生とはいえ学生なので、時間や対応が無責任になりそう
・オンライン学習が基本なので、孤独になりがち⇒サポート体制がしっかりしているので、ケアしてもらえる
・本当に全員東大の先生なんですか?→全員東大生です。150名の東大生が教えてくれます。
・受講料がかかるが、現役東大生の指導が受けれると考えるとコストパフォーマンスは高い
・独学に比べてお値段はそれなりにかかるが→科目無制限で映像授業もうけられてコスパがよい
・コーチとの相性がある
・対面で指導を受けるよりもコミュニケーションが取りづらい ⇒ 時間と場所に縛られないなどオンラインゆえのメリットもあり一長一短がある

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・地方に住んでいても利用できる
・わからないことがあればすぐに質問できる
・講師自体の質は高い
・通える距離に難関校を目指すような進学塾がない地域の方でも、東大生の先生に指導してもらえる。
・東大生×オンライン×1人1人のオーダーメードカリキュラムを提案
・現役東大生が個別指導で成績が上がらない部分を強化できる
・地方に住んでいても利用できる

→スタディコーチ公式サイトはこちら