こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

オンライン個別指導が信頼できる家庭教師で子供も親も安心して受験対策ができることをご存知ですか?

オンライン授業 必要なもの
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・小さいうちから塾帰りで遅く帰宅させたくない
・根性論の塾方針に疑問を感じている
・地方の塾ではカバー出来ない部分をサポートしてほしい。
・田舎なので、いい学習塾がない
・中3受験生の子どもがいるのだけど、金銭的な問題もあり塾に行かず進研ゼミで夏休み対策している
・周囲に大学まで行った人がいないので、どうやって勉強させたらいいのか分からない
・自宅学習では受験勉強がはかどらない

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・勉強ができないことで、他人から馬鹿にされたくない
・本人に合った勉強方法が分からず、大学受験に失敗してしまうかも
・自宅で勉強する習慣がつかず、成績がどんどん落ちていく。
・難関大学を目指しているのに、レベルの低い地元の塾に通っていたら受験に失敗してしまう
・基礎が曖昧なままになっていて高度な問題に対応できない
・家庭教師の不満で信頼が無くなり勉強効率も落ちる
・大学受験で失敗したら、その後の人生設計が狂ってしまう

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・結果がともない、勉強以外でも自信を持って行動できるようになる
・若くして出世街道に乗れるので親として安心できる
・落ちこぼれていた我が子の成績が爆上げし大学に入って将来の選択肢を増やせる
・いくら有名塾でも人数が多いと理解できないことも多いが、一対1だととことん納得できるまで質問でき難関校合格の夢がかなう
・個別指導で早くから対策を始めることで、周りと圧倒的な差をつけられる
・効率の良い学習方法で、勉強時間あたりの習得率や成長率が伸びる。
・勉強のやり方がわかる

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・生徒の緊張感が薄れやすい。⇒親が子供の様子を把握しておいて問題があったら家庭教師会社に相談してみればよい。
・オンラインゼミが売りだとあるが他ではもっとカメラなどを駆使してリアリティな教え方をしているところがあるのだが⇒  オンラインで一対一で受けられるので経費も安く済み、その分受講料も安くできている
・通常の家庭教師を頼むのと費用的には変わらないけど→講師に食事を出したりする必要がない
・気楽な自宅で怠ける可能性がある⇒強めに叱れる講師を選んでみる
・講師との「ふれあい」を求める子供へのケアがしにくいが、事前にコミュニケーション重視かどうか?を子供と相談した上で検討すれば良い
・難関校攻略が前提なのでレベルが高い⇒子供の実力に応じた対策を指導してもらえる
・料金が高い⇛予備校と比較すると格安。1時間のコースから、毎日のコースまであるため、子供に必要なコースの選択も可能

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・個人指導なので子供の性格にあったカリキュラムを組める
・予備校のオンライン指導より安く済ませられる
・個別指導なので理解出来ていない部分の把握がしやすい
・全員現役の東大生が指導してくれる
・無料体験で授業の雰囲気や内容を知ってから申し込める
・解約金や違約金は不要
・時間を効率的に使える

→スタディコーチ公式サイトはこちら